社会人としての仕事論

職場の人に退職を止められても納得させる具体的な方法

会社の人間関係に悩んでいる、残業が異様に多い、給与が上がらない、仕事内容が合わない・・・。

様々な理由でストレスを感じ、会社を辞めようと思ったとき、「引き止められるのではないか?」「嫌味を言われたりしないだろうか?」と不安になることがあると思います。

 

実際に、退職の旨を告げたところ、周りから引き止められてなかなか辞められないという人も多いようです。

真面目な人、責任感が強い人は特に周りに振り回される傾向があるようですね。

 

そこで、会社を辞めたいのに引き止められた場合の対処法をパターン別にご紹介します!

 

人手不足を理由に引き止められた場合

「人が足りなくなる」「君がいないと困る」などと言われると、迷惑がかかってしまうのではないかという罪悪感が生まれたり、頼られているのだからという責任感から辞めにくくなることがあるかもしれません。

しかし、よくよく考えてみてください。

 

たいていの人は、労働基準法または会社の規則等のルールに則り、2週間~1か月以上前に辞める旨を伝えると思われます。

 

その期間があるにも関わらず、社員1人が辞めたことで急に傾くような会社は、どのみち先がありません。

そもそも「人が足りないから」と言って引き止めるようなところは、最初から人は足りていなかったのではないでしょうか

 

それをあたかもあなたがいなくなるのが原因かのように言ってくるのは言いがかりというものです。

誰かが辞めたことで他の人へ振られるタスクや人手不足などの問題は、本来会社側が考え、処理しなければならない問題です。

あなたが余計な罪悪感を抱く必要はないし、責任感に追われる必要もないのです。

 

時期を引き延ばそうとしてくる場合

「今は忙しい時期だから」「これから忙しくなるから」「もう少し頑張って」など、まずは退職時期を引き延ばそうとしてくる場合です。

それでは教えてもらいましょう。

一体いつが忙しくない時期なのでしょうか

今までに忙しくなかった時期はあったのでしょうか

もう少しというのはいつまで続くのでしょうか

 

会社は当然会社側の都合に合わせた時期を提案してくるでしょうし、あなたがそのままズルズルと残ってくれればより都合は良いでしょう。

 

もしかしたら「せめてあと半年・・・」「今年いっぱい・・・」「来年の春まで・・・」とどんどん期限が延長されるかもしれませんね。

ですが、あなたがその勝手な都合に付き合わねばならない必要性は全くありません。

 

いつ訪れるかわからない、あるいは訪れるかどうかもわからない「いつか」を、自分を犠牲にしながら待つ必要はないのです。

 

不安を煽ってくる場合

「どの会社にいっても同じだよ」「転職しても上手くいくわけがない」など、退職や転職に関して否定的な言葉で不安を煽ってくる場合です。

彼らが言いたいことはただ一つ。

それらは全て、「=だから我慢してここに居ろ」に帰結します。

 

彼らは、あなたのことをどこまで知っていますか

退職理由やその根本となる原因まで詳しく把握していますか

あなたのことを理解せずにそのような言葉をかけてくる人間の言葉を鵜呑みにする必要はありません。

 

会社が変われば環境も人も変わります。

上手くいくかいかないかはあなた次第ですし、その見通しを立てられるのもあなた自身です。

勝手な思い込みや根性論は無視しましょう。

 

感情的に責めてくる場合

「どうなるかわかっているのか」「周りのことも考えろ!」など、大声でまくしたてられたり怒鳴られたりすると、多少なりとも萎縮してしまうと思います。

これは退職時のみならず一般的に言えることですが、感情に任せてものを話す人間の言葉には、中身がないことが多いですよね。

 

彼らはただ自分の意見を通したい、もしくは感情を露わにすることで自分だけはスッキリしたいだけなのです。

感情的に勢いだけで引き止めようとしてくる相手には、意見を言うだけ無駄です。

相手の意見にも耳を傾ける必要はありません。

相手の勢いに引きずられないように、端的に予定のみを伝えましょう。

 

まとめ

記事のまとめ

1. 人手不足は会社の責任。罪悪感を抱く必要はありません。

2. 会社都合で退職時期を引き延ばす必要はありません。

3. 根拠のないネガティブな意見はスルーしましょう。

4. 感情的な人との意思の疎通は諦めて、冷静に対応しましょう。

 

全ての場合において、周りをさほど気にする必要はないということですね。

なぜなら、仕事に伴う何かがストレスとなって会社を辞めたいと思っているあなたに対して、周りはそのストレスがどれほどのものか分かっていないのです。

 

分かっていないから、大して事情も知らずに引き止めようとするのです。

それを意識しておくと、周りに惑わされずにキッパリと意思を保つことができます!

 

引き止める人達や会社があなたを引き止めたからといって、あなたをストレスから解き放ってくれるわけでは決してありません。

あなたの意思を大切に、あなたのキャリアを大切に、そしてあなた自身であなたをストレスから解き放ってあげましょう!

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント