投資

ロボアドバイザーとは?資産運用に向いているのか、サービスを比較

どうも、熊谷拓也です。

今回の記事ではロボアドバイザーについて初心者にでも分かりやすく解説をしていきます。

【ロボアドバイザーとは】

スマートフォンや自宅のPCから投資に関する簡単な質問に答えることで自分にあった投資スタイルや運用プラン、そして運用シュミレーション、資産配分の提案などの情報をロボアドバイザーが無料で診断してくれます。

 

後は口座にお金を入金すればAIが勝手に資産運用をしてくれるという優れモノです。

誰でも簡単にスマートに投資が行えるととても人気のある資産運用のひとつです。
本来投資は自分でリスクをとり決断しなければいけません。

 

投資信託ファンドを選ぶにしても数ある金融商品から自分で選ばなければいけません。

また、リバランス資産配分を自分で決めながら運用するのはとても難しく、マーケットの情勢を見ながら時には決済することはプロでも判断するのはとても難しいことです。

 

しかし、ロボアドバイザーは、投資家のリスク許容度に応じた商品を選んでくれます。
そして、ロボアドバイザーは、最先端の投資理論を基にした投資システムにより、投資家のリスク許容度に適したポートフォリオを提案してくれます。

 

ビッグデータや市場データなどから投資対象等の下落を予想し、リスクの低いポートフォリオに構成し直して、リスクの軽減を図るということまでしてくれるのです。

加えて、多数の資産クラス(株式、債券、不動産、金や原油など)でポートフォリオを構成し、国内・海外など地域の分散化も行ってくれます。

 

そのため、ロボアドバイザーは個人による投資信託やETF以上のリスク分散を期待することができます。

【こんな人にオススメロボアドバイザー】

○投資の勉強をしたくない人や投資経験のない初心者

○株式投資や仮想通貨やFX以外の投資でポートフォリオを作りたい人

○AIに任せてほったらかしでズボラ投資をしたい人

【これからロボアドバイザー投資がスタンダードになる】

金融機関大手のゴールドマン・サックス証券はほとんどのトレードをAIが行っています。
約1800兆円にまで膨れ上がった家計金融資産を誇る日本の「貯蓄から投資へ」の流れをロボアドバイザーに引き込もうと、現在各社がしのぎを削っています。

 

日本でも2020年迄にAI を使ったロボアドバイザーの規模が、5兆円程に拡大するだろうと言われています。
ですから、ロボアドバイザー投資はこれから物凄い勢いで伸びる市場でもあるのです。

 

【ロボアドバイザーのデメリット5つ】

デメリット

①証券会社で株を買うよりも手数料が高い

②短期的に利益を上げるのには向かない

③元本割れのリスクがある

④為替相場の影響を受けるモノもある

⑤倒産カウンターパーティーリスクがある

 

手数料は自ら証券会社で売買するよりは高いこともありますが1%の手数料はそこまで高い手数料ではないと考えます。

また、ロボアドバイザー投資は長期的な投資が基本です。短期的な投資で利益をあげたい人には向かない商品です。
また、もちろん元金割れのリスクがあります。

 

しかし、期待利回りは人によりポートフォリオが違うので違いがありますが、過去のデータを使った運用シミュレーションによると、期待利回りは平均で4.8%です。

ですから長く投資すればするほど、だいたい5%付近の利回りに落ち着くようになる見込みで運用されているので心配がありません。
また、倒産リスクについては日本の大手の業者を選べばほとんどないと言えます。

 

そして、海外の証券取引所に上場されている金融商品を組み込んでいるファンドでは、為替相場の影響を受けることがあります。

 

時にはドルで見ると利益が増えているのに、円で見ると資産が減っているということもあります。
しかし、この為替相場の影響は積立投資(長期的な投資)を行えば問題がありません。

 

【ロボアドバイザー比較】

日本の有名なロボアドバイザーを比較します。

■WealthNavi(ウェルスナビ)

運用手数料:1.0%(年率)
トータルコスト:運用手数料の1.0%+別途ETFの委託手数料(年率)
投資対象となるファンド・ETF:10,000種類

特徴: ノーベル賞受賞理論に基づいたアルゴリズムを採用

 

ロボアドバイザーTHEOのライバルとなるのが、WealthNavi(ウェルスナビ)の存在です。

 

THEOと同じく2015年に立ち上げられたベンチャー企業であり、
世界のETFに限定して投資するという点も同じです。

 

ベンチャー企業と言っても、
三井住友・みずほ・三菱UFJなどの大手金融機関系のベンチャーキャピタルが出資しているので、信頼できる会社です。
※SBI 証券から直接ログインできます。

ウェルスナビの独自機能「デタックス(DeTAX)」などを見ても、ある程度資産のある方向けの運用サービスという印象です。
本格的な長期運用を目指すのであればウェルスナビはオススメです。

 

■MSV LIFE

運用手数料:0.648%(年率)
トータルコスト:0.99%未満(年率)
投資対象となるファンド・ETF:6,000種類

特徴1万円の小額からロボアドバイザーによる資産運用ができます。

 

MSV LIFEは、マネックス・セゾン・バンガード投資顧問が提供しているロボアドバイザーです。

ネット証券大手のマネックス証券、セゾンカードで有名なクレディセゾン。
そして低コストETFとして世界的にも有名な「バンガード」の3社による投資顧問会社のサービスということで、注目を集めています。

■THEO(テオ)

運用手数料:1.0%(年率)
トータルコスト:運用手数料の1.0%+別途ETFの委託手数料(年率)

投資対象となるファンド・ETF:35~45種類

特徴世界への分散投資ができるのが強み、1万円から始められるロボアドバイザーです。

 

THEO+docomoというdocomoユーザーにメリットのあるdポイントも貯まる・貯まったdポイントを投資できるサービスも始まり、資産によって手数料が大幅に安くなるTHEOカラーパレットというサービスも始まりました。

 

THEOは、「お金のデザイン」というベンチャー企業が展開しています。
投資対象を様々な資産に分散し、そして世界中のETFを投資対象としています。

例えば、THEOなら世界中の株式、債券、不動産などに分散投資が行えます。
投資経験がなくても質問に答えるだけで最適なポートフォリオを構築してくれます。

 

〇楽ラップ

運用手数料:0.702%未満(年率)
トータルコスト:0.99%未満(年率)

投資対象となるファンドやETFは15種類

特徴投資対象となる投資信託においても低コストなものをセレクトしています。

 

楽天証券が提供するロボアドサービス。ネット証券としては業界で一番最初にサービスをリリースしました。
ネット証券ならではの「低コスト」、「小額からの運用」の2大メリットを提供しています。

 

【ロボアドバイザーのメリットまとめ】

①投資の知識が必要なく始められること

②少額から投資を始められること

③あなたに最適な資産配分を自動で決めてくれること

④投資に時間を取られないことです。

投資の初心者はロボアドバイザーから始めて相場の知識を増やしてから株式投資やFXに望むのも良いと思います。
毎月の貯金を少しでも投資に回す積立投資は特にオススメです。