投資

FX自動売買システムの注意点や特徴とは?

どうも、熊谷です。

FXトレードになれてきて利益を出せるようになったら自動売買に挑戦してみてはどうでしょうか?

しかし、その前にどのようなツールがあり自動売買とはどのようなモノなのか知る必要があります。そこで簡単にFX自動売買について解説します。

FX自動売買とは?

あらかじめ決められたプログラムを利用することで人の手を介さずに自動的にFXの自動売買を行ってくれるツールです。
設定さえすれば後は勝手に自動で売買してくれます。

 

プログラムが相場の状況をを24時間監視して注文を出してくれますので、忙しくてチャートを見ている暇がないという人でも取引タイミングを逃さずFX取引ができる優れモノです。

■FXの自動売買取引のメリットとデメリット

FXの自動売買ツールのメリットは、24時間休みなく取引ができることです。
日中忙しい主婦やサラリーマンでもFX取引ができることです。

 

感情に左右されがちな人の判断を必要とせず、設定した条件に従って注文を出してくれます。

 

利益の深追いによって決済タイミングを逃してしまったり、自分で決めたルール通りの損切りに踏み切れずに損失を拡大してしまったりすることを避けられる点。

 

感情に左右されずにルールにしたがいトレードできるということが自動売買ツールの最大のメリットだと思います。

■FX自動売買ツールのデメリットとは

全てのプログラミングツールが勝てる訳ではありません。

自分にあったトレーディングツールの設定はある程度のコツやFXについての理解が必要です。また、システム利用コストが比較的高いこともデメリットです。

■FX自動売買ツールのリスク

FXの自動売買ツールは無数にあります。どのプログラミングを選ぶかがとても重要です。

そのツールでのトレードで良い状況が続いていたとしても、それが将来も続くとは限らないと認識しておくことが必要です。

 

特に、ポジションを保有して運用している途中で強制ロスカットになってしまうと、利益を得るどころか投資元本が減少してしまい元も子もありません。

全てツールにまかせないことレバレッジの設定や証拠金率にもチェックが必要です。

■自動売買ツールのタイプ

①リピート注文型

基本的なトレードシステムが決まっていてカスタマイズできる部分だけを個人投資家が設定して取引を行うことのできるツールです。

比較的シンプルな設定で初心者にもわかりやすく買値より上がったら売り、下がったら買うということを繰り返すツールです。

○外為オンラインの「iサイクル注文」
○アイネット証券の「ループイフダン」
○マネーすくエアの「トラリピ」

○外為オンラインの「iサイクル注文」
○アイネット証券の「ループイフダン」
○マネーすくエアの「トラリピ」

というシステムが該当します。

 

②ストラテジー選択型・ミラートレーダー系

投資戦略などがすでに用意されている自動売買システムです。

○インヴァスト証券の『シストレ24』
○セントラル短資FXの『セントラルミラートレーダー』

というシステムが該当します。

 

③ストラテジー選択型・オリジナル系

用意されている投資戦略の中から選ぶことのできる自動売買ツールです。
※戦略を選ぶだけで自動売買できるため初心者にもオススメのシステムです。

○みんなのFXの『みんなのシストレ』がこのタイプのシステムです。

 

トレードツールMT4を使った自動売買や投資家自身がシステム開発やカスタマイズする必要があるモノもありますがFX初心者はFX業者の設定されてある3つのシステムから選ぶのが無難です。

 

■FX自動売買で利益を出すためには

①FXの知識をつけること

いくら自動売買だからといって全くFXの知識がないとツールを使用しても相場に勝つことはできません。
相場に合った自動売買ツールを選択できる知識を身につけることが必要です。

相場に合っているプログラムを選ぶことが出来なければ利益を得ることができません。
価格の変動幅が大きいトレンド相場なのか、狭い値幅で上下するレンジ相場なのかなどを見極める必要があります。

 

②トレードで感情的にならない

株式投資にも言えることですがトレードは心理戦です。感情的になったら勝てる相場でも勝つことができません。

客観的な視点を常に失わないことがポイントになります。自分なりのルールをあらかじめ決めて必ず従うようにすることです。

例として、「利益が何パーセントになったら必ず売却する」「損が何パーセントに達したら確実に損切りを行う」などのルールを設定することが重要です。

 

③手数料の安いFX業者を選ぶこと

3つ目のコツは、手数料の安いFX会社を選ぶことです。

FX取引では、手数料やスプレッドといった取引コストを抑えることが大切になります。

 

特に、1日に何度も取引を行う自動売買システムを利用する場合は、取引手数料などのコストが利益率に大きな影響を与えることになります。

手数料やスプレッドはFX会社によって異なりますので、必ず確認してからFX会社を選ぶことが重要です。また、通貨ペアによっても手数料は異なります。

自分が取引したい通貨ペアを中心にコストを確認するようにしましょう。

 

④メジャーな通貨ペアを選ぶこと

ドル円、ユーロ円、ポンド円、ユーロ米ドルなどのメジャーな通貨で取引することです。
マイナーな通貨ペアは、取引量が少なく取引が成立しない可能性があります。
また、値動きが粗いなどのデメリットがあります。

■オススメFX自動売買システムは

アイネット証券 ループイフダン

ループイフダンで有名な会社である。コツコツと一定の値幅ごとに取引を繰り返される仕組みが人気。スプレッドも小さい。しかも最低1,000通貨から可能です。

 

インヴァスト証券 シストレ24

ミラートレーダーを取引プラットフォームとする自動売買の口座であり、ストラテジーの種類数が豊富。支援ツールをはじめとする機能が満載です。

 

セントラル短資 FXセントラルミラートレード

「セントラルミラートレーダー」はTradencyのミラートレーダーを採用。

スプレッドが小さいのが特徴。ヘッジファンドストラテジーという独特のプログラムも人気です。

 

トレイダーズ証券 みんなのシストレ

最低1,000通貨から取引ができるFXの自動売買ツール。少ない資金力でも挑戦できることで良い評価を獲得しています。

 

M2J トラリピ

一定の値幅ごとに売買を繰り返すタイプのFX自動売買ツール。自由に値幅の数値を設定できる。トレール機能などもあり、自由度が高いツールです。

 

FXブロードネット トラッキングトレード

最低1,000通貨から取引ができるリピート系自動売買。値幅や損切りの設定は自由に数値を決めることができる。スプレッド幅は狭い傾向にあります。

 

ひまわり証券 エコトレー FX

ストラテジー型のFXの自動売買。ミラートレーダー各社に対抗。仕組みは非常によく似ている。ポートフォリオジェネレーターという機能が人気です。

■まとめ

どんな投資でも、初めから順調に利益が出せるわけではありません。

 

それは、FXの自動売買でも同じです。FXの自動売買についての理解を深め、初心者でも利益が出しやすいシステムを選んで自動売買を始めることが、利益を出すことにつながります。

 

初心者なら、まずは、ループイフダンなどのロジックが公開されていて、シンプルなものを選び、効率的にFX自動売買システムを利用して、FX取引で利益を狙いましょう。