投資

日経平均225先物が大人気!基本知識や3つのメリットを説明

どうも、投資家の熊谷拓也です。

日経平均株価がこの先上がるか下がるかを予想して取引する日経225先物は、個人投資家にとても人気のある金融商品です。

その魅力は、何と言っても、日経平均株価指数に連動するわかりやすさが特徴です。

そして、毎日日経平均株価のニュースが飛び込んでくるためにトレンドが読みやすく、 銘柄選びのわずらわしさもないので、先物取引初心者にもオススメです。

日経225先物ミニでは日経225先物の1/10の資金で取引することが出来ます。
さらに、「売り」から始めることができるため、相場下落局面にも利益獲得のチャンスがあります。

■日経平均225先物とは?

日経平均先物は、将来の日経平均株価が上がるか下がるかを予想する先物取引です。先物取引の特徴は商品価格が下落した場合でも利益を出せることです。

例として、日経平均が2万円の時に下落を予想して売りの注文を出します。
1万9700円に下落したとき、買い戻しの注文を出せば差額の300円が利益となります。

売りからでも利益が出せるのは信用取引の場合と同じです。ただし日経平均先物では金利や貸株料といった手数料は不要。取引手数料だけで売買できるのが特徴です。

■レバレッジで大きな取引日経平均先物の取引単位は日経平均の1000倍

日経平均先物は日経平均を1,000倍した数値が取引単位となっています。
日経平均が2万円のとき、最低取引金額(1枚)は2,000万円です。

なお日経平均先物ミニ(mini)の場合は取引単位が10分の1となっています。
日経平均が2万円なら200万円が1枚です。

しかし証拠金取引により少ない金額で売買できます。

日経平均先物は証拠金取引です。一定の証拠金を担保として預けることで、より高額な取引が可能です。

必要な証拠金は先物取引の種類によって変わります。
日経平均先物の場合は1枚当り690,000円です。(楽天証券:2019/3/08)

日経平均先物ミニは必要証拠金が10分の1なので、69,000円あれば取引できます。

日経平均225先物ミニで10万以下の金額で200万円を超える取引ができるので、レバレッジは20倍以上。非常に資金効率が良いことがわかります。

ただし損失が大きくなり、預けた証拠金が必要額を下回った場合「追証(おいしょう)」する必要があります。

■日経平均が10円上がれば一万円の利益になる

日経225先物の魅力は少ない資金で大きな利益を上げられることです。

日経平均株価の値動きの最小単位(呼び値)は銭単位ですが、日経平均先物の場合は10円単位(miniの場合は5円単位)で動きます。

取引単位は日経平均株価の1,000倍なので、10円の値動きは1万円の変動を意味します。

例として

日経平均が1万9000円のときに買います。
1万9700円になったときに売却すれば、700円×1,000=70万円の利益です。

日経平均先物ミニ(mini)は日経平均の100倍なので、差額の700円は7万円の売却益を意味します。

■日経平均先物の取引時間は?

日経平均先物は次の時間で取引できます。平日のみの取引で土日は休みです。

日経平均先物の取引時間

日中:8時45分~15時15分

夜間:16時30分~翌朝5時25分

一般的な株取引だと11時30分~12時30分は昼休みですが、日経平均先物に昼休憩はありません。また夜間取引も可能です。

日経平均先物なら昼間働くサラリーマンでも無理なく取引を行うことができます。

■日経平均先物取引には期限がある

先物取引とは?

「商品」を決められた「期日(満期日)」に決められた「価格」で取引をすること。

現物取引の場合、一度購入した株式はいつまで保有しても構いません。
しかし先物取引の場合は取引できる期間が決まっています。

取引期限が終了する月を限月と言い、日経平均先物ラージの場合は3ヶ月単位、miniの場合は1ヶ月単位です。取引できる最終日(満期日)は「SQ(エスキュー)日」と呼ばれ、各限月の第2金曜日がSQ日に設定されています。

もしSQ日までに決済ができないとSQ値※で強制決済されるので注意しましょう。

○SQ値とは?

特別清算指数とも呼ばれ、日経平均株価の始値を基に算出される値。

毎月第2金曜日に基準値が発表される。3月、6月、9月、12月はメジャーSQ。それ以外の月はマイナーSQと言われます。

■日経225先物のメリットと魅力

①少額の資金で大きな取引ができること

少額の資金で大きな取引ができることから、レバレッジ効果により大きな利益を追求することが可能です。

ただし予想と反対に動いた場合、同様の効果が働き損失が拡大する恐れがあります。

②銘柄がシンプルでわかりやすい

株式投資になじみのある日経平均株価の動きに連動するため、シンプルで分かりやすく個別銘柄を選ぶ必要もありません。

③ 売りからも取引ができること

日経225先物の価格が下落すると思えば売りから取引をして、相場下落時でも利益を追求することが可能です。

④夜間も取引ができること

翌朝5時半まで取引可能なため、日中お忙しい方でも夜間にリアルタイムに取引することができます。

また、夜間立会の取引時問中に、米国の雇用統計等、経済指標の発表などがあり、多くの経済イベントをリアルタイムにキャッチすることができます。

⑥金利や貸株料がかからないこと

先物取引にかかるコストは手数料とその消費税のみです。
信用取引のような金利や貸株料等の保有コストが発生しません。

■最後に

日経平均先物には現物取引にはないメリットも多いですが、デメリットも当然あります。
トレードになれてきているなら是非チャレンジしてみてはどうでしょうか?

もちろん先物取引ですから短期売買が基本です。

日経平均先物は少しでも利益が出たら反対売買して、含み益を獲得するのが鉄則です。
日経平均先物は夜間でも取引可能なので、夜のうちにテロや企業の倒産が発生すると大幅に下落する可能性があります。

また、日経平均先物は証拠金取引なのでFXなどと同じように元本が確実に守られるわけではありません。
相場が急変した場合はロスカットが発動し、自動的に損失が確定します。

取引額が多くなるほど、利益とともに損失時の金額も多くなるので十分注意してください。

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント