レビュー

第2のバブルを引き起こす世界通貨は安全?漆沢祐樹の世界通貨協議会とは?

普段ロイターやYahoo!ニュースなどさまざまな記事を読んでいますが、聞きなれない「世界通貨協議会」と大きく書いてあるサイトを発見しました。

 

第2のバブルを予測して結成された最上流団体という表現が、いかにも怪しいですよね。今回は、この世界通貨協議会がどのようなものなのか検証していきます。

 

【世界通貨協議会ってどんなものなのか】

 

サイト内を見ていくと、最上級の階級を持つ人たちが集まっている団体で、世界共通で使用することができる通貨を作ろうとしているそうです。実施に、東京のリッツカールトンなどで大規模なカンファレンスを開催し、フィリピンのドゥテルテ大統領の弟などが出席していると書かれていました。これだけ大規模なカンファレンスだったにもかかわらず、ロイターで取り上げられているのを見たことないし、もちろん日本のニュースでも見たことありません。

 

少し怪しかったので、もう少し詳しく調べてたところ、サイト内に@nifiyニュースや楽天Infoseekなど、普段は目にしなようなところで取り上げられていたことがわかりました。しかし、世界的な仮想通貨を作ろうとして大規模なカンファレンスまで行なったのであれば、大手の紙面で取り上げられたりテレビのニュースなどで流れそうですよね。この時点ではなんとも言えないので、もっと違う角度から見てみましょう。

 

【サイトに載っている漆沢祐樹とは】

 

@niftyニュースやこのサイト内の情報を見てみると、「世界通貨協議会」や「一般社団法人 日本国際芸術文化協議会」の理事など、さまざまなところでかなり高い地位についているようです。しかし、ネットで調べてもこのカンファレンス以外での記事が出てこなかったため、地位以外に詳しいことはわかりませんでした。そのため、記載されている会社はどのようなものか調べていくと、不審な点をいくつかあったのです。

 

まず1つ目の不審な点は、一般社団法人 日本国際芸術文化協議会のホームページが見つからず、それらしきリンクが貼ってあったホームページからリンクにアクセスしても、「ページは開けません。サーバー見つかりません。」と表示されました。もしかすると、現在は無くなってしまった社名を悪用している可能性もあります。また、株式会社 リアマーケティングというところも調べたのですが、「これが本当に企業のホームページか?」と思うぐらい雑に作ってあり、事業内容などの説明も少なく本当に会社を運営しているか怪しいレベルでした。これだけ怪しい点があると、「このサイトももしかすると」と、疑ってしまいますよね。調べた結果、記載されている内容が信憑性に欠ける部分があったので、漆沢祐樹のことは信用できるとは言えないです。

 

【本当に世界通貨が無料でもらえのか?】

 

画像の真ん中あたりに「世界通貨を初めて無料でお渡しさせていただきます」と書いてありますが、1番下には「LINEに登録すると極秘情報を受け取れる」との内容の文があります。なんかおかしくないですか?それとも記載ミスで、極秘情報も世界通貨ももらえるのでしょうか?画像に書いてある1番下の文章だけだと、LINEに登録してもらえるのは極秘情報だけで、世界通貨がもらえるとはどこにも書いてありません。非常に怪しいですよね。しかも、LINEに登録して情報を渡すというのは詐欺の常套手段で、実際はラインに登録したものの有益な情報などは一切なく、高額セミナーや商材に誘導されるケースが多いため、登録しないようにしましょう。

 

【怪しい世界通貨よりもおすすめのなのがこれ!】

 

世界通貨はかなり怪しく、本当に発行されるかどうかもこのサイトを見る限りではわかりませんよね。リスクをとって怪しいところから情報を得て稼ごうとするよりも、ぼくのFXツールを利用する方が確実に稼げます。というのも、ぼくのFXツールを利用すれば、プロのトレード方法と同じことをツールが自動で行ってくれるので、初心者やFXの知識がない人でも、1ヶ月あたり投資金額の30〜70%の利益が生まれます。

 

 

こんな形で圧倒的に勝っていくことができます。

しかも無料になりますので興味がある方は、是非ラインからお問い合わせください。

 

→ラインから連絡する

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント