投資

FXの基礎知識と仕組み「初心者でも分かりやすく解説」

どうも、熊谷です。

 

あなたはFXをやってると聞いた時、その人に対してどう言う感想を持ちますか?恐らく、「なんて馬鹿なことをしているんだろう…」と思うのではないでしょうか。

 

実際、FXは失敗談が後を絶ちませんし、儲けまくった。と言うよりも、億単位の損失を出した。なんて話の方をよく聞いたりします。

 

ですが、FXで失敗してしまうのは業者の選び方が間違っていたり、しっかりと仕組みを理解せずに「博打と同じ」と思ってやってしまうから起こることです。

 

そんなFXですが、実はうまーく運用すると銀行に預けるよりも堅実な資産運用法なのです!

そこで今回は、FXの仕組みについてお話ししていきます!

FXで稼げる仕組み

FXとは『外国為替証拠金取引』の事で、簡単に言うと通貨と通貨の両替で発生する差額を使って儲ける。というのが主な仕組みです。

 

わかりやすい例を出しましょう。

 

あなたが、アメリカに旅行に行く。としましょう。その際に旅行費として10万円用意します。その内の5万円分は交通費や宿泊費とします。

 

さて、アメリカは日本とは違って『ドル』という通貨です。なので、『円→ドル』というようにお金の両替が必要です。

 

この時のレートが1ドル=100円であったとしましょう。

 

では、5万円をドルに変換したとすると500ドルになりますね?このお金であなたは遊んで、お土産も買うわけです。

 

そうこうして旅行を楽しんだあと、帰国すると手元に100ドル残った…。しかし、日本ではドルが使えない…ならば日本円に両替しますよね?

 

この時に、レートが変動していると、得をしたり損をしたりするんです。

 

1ドル=120円となっていた場合、100ドルは12,000円となります

 

この両替で発生した利益を『旅行に行かずに獲得しよう!』というのがFXです。先程の例をもとにしますと…

 

10万円を元手にするので、1,000ドル買うことができます。その状態で1ドル=120円になった瞬間に日本円に戻せば12万円になります。

 

たったこれだけの操作で2万円の利益が発生するんです。これがFXです!しかも、これがたった1日で動いたとすると日給2万円です。まぁ実際にはありえない動きですが…

 

元手が10倍、100倍になれば、日給も10倍、100倍になります。だからこそ、たった数日で億単位のお金が動くのです!

 

この両替にもルールがありまして、そのルールによっては得られる利益が変わってきたり、動かせる金額が変わってきたりと色々あるのですが今は割愛しますね?

 

稼いだお金、つまり利益をそのまま元手に追加していけば『月利50%』とかにもできます。銀行にお金を預けると年利0.2%程度ですのでどれくらいすごいかおわかりいただけると思います。

 

FXで損する仕組み

FXでは大きく損をして借金まみれになってしまう人の話をよく聞きますよね?それは大体が取引のやり方の問題なのですが、業者によっても変わってきたりします。

 

そもそもの原因は基本的トレーダーの能力不足です。なぜ能力不足で損をするかと言うと、『レバレッジとロスカット』と言うものが関わってきます。

 

さて通貨を両替する際に手数料が発生しますよね?当然、FXのやり方でも手数料が発生します。その手数料でお金を儲けているのがFXの業者です。

 

FXでは両替の事を取引(トレード)といい、このトレードの際に手数料が発生するんです。と言ってもそんなに大きな額ではないので取引するほど損をする。と言うことはありません。

 

ですが、業者によっては手数料以外のお金で儲けを出している場所もあります。そう言う所で取引を続けていると大きく損をしてしまう可能性があります。

 

ちなみにその場所というのが国内の業者なのですが、その辺についてこれから詳しくお話ししますね。

・国内と国外の業者

日本の業者は手数料が非常に安いです。海外の業者と比べると1割位の値段で取引ができます。

 

なぜそんなに安いのかと言うと、日本の業者はトレーダーの負けた金額がそのまま収益になるからです

 

つまり、トレーダーには勝ってもらいたくないんですよ。なので、接続不良だったり通信不良などによる不調でワザと負けさせる。なんて業者もあるくらいです。

 

まぁそこまでやる業者は大体ネットで噂になっているので、調べればわかると思います。ですが、基本的に日本の業者はトレーダーが損をするようにできています。なのであまりオススメはしません。

 

では次に海外の業者についてです。

 

海外の会社、と聞くと非常に怪しい感じがしますよね?ですが、世界中のトレーダーの御用達。と聞くとそうは思わないのではないでしょうか

 

基本的に英語で表記してありますが、会社によっては日本語で書いてあったりします。本当に様々な国の人が利用しています。

 

だから安心か。と言われるとそうではありませんが、大手と言われている会社は信じて大丈夫です

 

理由は、海外の業者がトレードの手数料だけで儲けているからです。だから公平な取引をさせてくれます

 

業者によっては元手以上に負けてしまっても、元手より多くのお金を取らない。と言う制度を取っている場所もあります。

 

非常に良心的ですよね?それもそのはず。日本の業者は負けて貰うために色々としますが、海外の業者は長くトレードしてもらうために色々としているからです。

 

手数料で稼いでいますからね。長く続けてもらわないとお金が稼げないわけです。

 

・レバレッジとロスカット

さて、業者によっては負けやすくなったり、勝ちやすくなったりする。という事が理解できたと思いますが、そもそも負けた時になぜ多額の借金が発生するのか?という部分には触れていませんでしたね。

 

なのでこれからその部分についてお話ししていきます。

 

FXには元手以上のお金を取引に使える。という事をご存知でしょうか?

この、『元手以上のお金』を使う制度の事をレバレッジと言います。ちなみにレバレッジとはてこの原理という意味です。

 

例を1つ出しましょう。元手が10万円とした時にレバレッジ10倍で取引をすると100万円分まで、取引で使える。と言うことになります。

つまり、1ドル=100円の時に10万円しか持っていなくても、100万円分買えるという事です。

ここで1ドル=120円になれば20万円の利益に、1ドル=80円になれば20万円の損失になります。

おわかりいただけたでしょうか?一回の取引で元手の2倍の利益を得たり、損失をしてしまったりするんです。中々恐ろしいものですよね?

 

ですが、負けが確定していても『取引を確定させなければ損失を払わなくてよい』んです。それを利用して、最終的に損失分を取り戻すと言う手法があります。

 

ただし、『元手以上に損失してしまった場合』は強制的に取引を確定させる制度があるんです。それがロスカットです。

 

トレーダーが払えない金額の損失を出されてしまっても困りますからね。まだ払えそうな金額のうちに払ってもらおう。と言う訳です。

 

このロスカットを勘違いしていると、『自由に使えるお金を全部入れる』と言う事をしてしまうんです。

 

そうすると一度ロスカットが発生したら即借金と言う事になってしまうんです。レバレッジがあるわけですから、下手に全部つぎ込むと100万単位の損失になったりするんですよ。

 

そうなると後は悲惨ですよね?これがネットでよく出てくる『資金が溶けた』という話のタネです。

初心者が考え無しに、資金を全部つぎ込んだ結果。という事ですね。

 

ちなみに、国外と国内の業者によってレバレッジの最大数が変わってきます。国内では最大25倍。国外では888倍まであります。

 

国内の業者はレバレッジが非常に低いので、多額の資産がある方が、資産を少しずつ増やすという事に向いています。

 

国外の業者はレバレッジが高いので少額で始めて大きく稼ぐ。という事に向いています。

 

僕は海外の業者の方が稼ぎやすいと思いますので、初心者の方は海外の業者を選ぶと良いと思います。

 

まとめ

FXは慎重にテクニックを覚えれば勝っていけます。リスクは確かに高いですが、基本的に慎重にやっていけば勝っていけるものです。

 

初心者の間に「思いっきり勝ってしまいたい!」と高望みをして失敗する方が多いのがFXの闇です

 

しかし、上手くやっていけば毎月何もしなくても20万円とか、100万円とかも狙えるのがFXです

 

初心者の間は夢を追いかける前にまず勉強をして試行錯誤を繰り返して、テクニックを覚えないと勝つ事自体が難しいです。

 

ですが、やりようによっては初心者の方でも稼ぐ事は出来ます。

 

何はともあれ、いきなり全額を投資に回すという事をしなければ活路はありますので頑張りましょう!

ではここまで読んでくださり、ありがとうございました!

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント