投資

日常的な借金!?カードローンと保険の罠とは

銀行や証券会社がすすめる金融商品は買ってはいけないと言われています。
リスクのわからない金融商品、仕組みがわからない金融商品には手を出してはいけません

 

身近なところでは銀行のカードローンやキャッシング、保険等の金融商品です。
その仕組みを本当に理解しているでしょうか?

 

■カードのキャッシングは借金です

〇カードでのリボルビング払い

銀行に口座を作るとキャッシュカードにクレジットカード機能がついているカードをすすめられます。

 

現在、ネットで買い物のをするときやスマホ等の引き落としにカードで決済することはとても便利です。

 

買い物するたびにポイントもついてお得です。
しかし、カードで借金をする通称リボ払いは金利が高く上乗せされています。

○リボルビング払いとは?

カードを使って大きな金額を支払った場合に、月々1万円、2万円といった、あらかじめ決められた金額で毎月決済していく支払い方法です。

 

未決済の残高はカード会社から借りる形になります。
月々決められている金額だからと簡単に考えてはいけません。

 

問題は、その際の金利が、例えば15%といったひどく高いものであるということです。
楽天カードや三井住友、丸井のエポスカードのリボルビング払いは15%の金利がつきます。

 

年利が15%が高いのか安いのか一年間お金を借りると15%の金利が手数料として上乗せされます。

〇1年間、お金を借りたままにした場合にかかる手数料の比率は以下の通りです。

◇1ヶ月…1.25%
◇2ヶ月…2.5%
◇3ヶ月…3.75%
◇4ヶ月…5.0%
◇半年…7.5%
◇1年…15.0%

 

です。

 

一万円の買い物のをしてリボ払いにして一ヶ月後に返済した場合は一万円✖1.25=125円の手数料がかかります。
安いと思いますか?

 

ネットでリボ払いの計算シミュレーションがあるので使ってみてください。

 

100万円の買い物で毎月一万円以上の手数料がかかる計算になります。

 

こうした細かな借金は、借金生活への入り口になってしまいます。

 

年利率15%という金利はどのくらい高いのかというと年金基金のような機関投資家が使う株式の期待リターンが5%程度と言われています。

 

つまり、プロのファンドの3倍近い金利です。
複利で増えることを放置すると、借金は5年でほぼ2倍になる利率です。
カードを作るのは悪いことではありません。

 

しかし、リボ払いは慎重にして欲しいのです。
また、カードでもリボ払いを外すことや、お財布代わりのデビットカードを使うことを推奨します。

〇銀行カードローン

消費者金融の規制がありローンの金利が安くなったとはいえ高い金利が発生します。
最近は銀行がカードローンに力を入れています

 

銀行が無担保でお金を貸す「カードローン」の実態は、消費者金融会社のローンと大差がありません。

 

web上で申し込むだけで数百万円まで借りられるカードローンは一見手軽に利用できるローンになっています。

 

しかし、カードローンもリボルビング払い並みに金利が高いので決して利用しないようにしてください。

 

■銀行カードローンは消費者金融です

法律が変わり、消費者金融会社は、トータルで借り手の年収の3分の1以上貸してはいけないことになっています。

 

しかし、なぜか銀行はこの規制の適用外になっています。
今や、銀行のカードローン残高の方が、消費者金融会社の融資残高を上回るようになりました。

 

実のところは銀行が消費者金融に丸投げしているカタチです。
子供の教育費等も安易に銀行でカードローンを組むこともよくありません。

 

教育費等の借り入れもカードローンよりも安い金利で借りられる金融機関があります。
事業の設備投資に銀行のカードローンを使用するのであれば銀行から低金利に融資を受けるべきです。

 

また、事業を興すのであれば無担保で借り入れができる国民金融公庫等もあります。
車を購入する場合のマイカーローンは比較的金利が安いモノもあります。

 

少し調べてみること、お金のことは人任せにしないで自分で調べてみると良いでしょう。
リボ払いや銀行のカードローンの借金は、金利水準からみても悪い借金だと断言できます。

 

ましてや生活のために借金をすること、遊興費に借金をすることは絶対にしてはいけません。

 

■生命保険などの保険も見直すべき

人それぞれの考えかたはありますが生命保険などの保険関係も見直す必要があります。
見えない将来にかけるギャンブルのようなモノです。

 

生命保険などは、十分な蓄えがない間に結婚して子どもが生まれた場合に、最長で子どもが成人するまでの期間限定で加入する、死亡保障のシンプルな定期保険だけでよいのではないでしょうか?

 

加入する保険は、掛け捨てに限ります。

 

○掛け捨てタイプの生命保険とは?

解約返戻金や満期金が少ないか、もしくは全くなく、その分保険料が抑えられている保険のことで、定期保険が該当します。

 

ネット生命の保険は保険料が安く年齢が上がってくることで共済が安い場合もあります。
建設業者等は建設業の保険もあります。

 

セールスマンやセールスレディが説明するような民間生保の保険料はその手数料が上乗せされています。

 

ですから、保険料が無駄に高い印象があります。
また、貯蓄部分のある保険は、掛け捨ての保険に加えて、運用の商売でも手数料を払うために割高です。

 

老後の蓄えならそのお金を投資に回すべきです。
病気やがん保険に入ったからといって、がんにかかるリスクが低減するわけではありません。

 

いざというときの医療費には、健康保険の高額療養費制度という制度があります。

 

■歴史的に保険の制度はリスクを回避するために仕組まれたモノです。

死亡保障の保険や医療保険等、民間の生命保険会社が提供する保険は、保険会社の運営費や利益が保険料にたっぷり含まれています。

 

平均的に損な賭けごとをしていると知るべきです。

 

自動車を運転する際の自賠責保険のような、まれにしか起こらないが、起こった場合の負担が極端に大きいケースには保険という仕組みが適するが、老後、病気といったありふれた事態に備える目的に、保険は向いていません。

 

最後に

借金には良い借金と悪い借金があると言います。
目的があり金利手数料がわかっているのであれば良い借金だと思います。

 

しかし、便利だから気軽だからと借金をするのは良くありません。
保険に加入することも仕組みがわかっていて手数料を理解しているのであれば良いでしょう。

 

しかし、ただ不安というだけで家計を圧迫しているのであれば見直すべきです。
そして、年齢が若くリスクを取れるのであればそのお金を投資に回すべきです。

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント