投資

オススメ投資法!投信ノーロードについて解説してみた

投信(投資信託)ファンドのブームが起きています。
手軽に100円から積立できる証券会社も出てきています。

 

書店でも投資信託インデックスファンド投資の本が並んでいます。
今までの投信は種類も少なく、他の金融商品と比べても手数料が割高のイメージがありました。

 

しかし、現在、投信ファンドの種類も豊富で色々な種類があります。
ファンドを選ぶにはどうすればよいのか?
おすすめの投資信託は?

 

また、ノーロードと呼ばれる投信の種類やファンドのメリットやデメリットについて書いていきます。

 

 ■ノーロード投信とは

今どき投資信託に手数料を支払うのは考えられません。

 

※ノーロード投資信託とは、販売手数料無料の投資信託の事を言います。

 

投資信託の運用期間中は信託報酬が継続的にかかり、毎日、ファンドの純資産総額から差し引かれます。

 

これは、ノーロード投信でも信託報酬はかかります。
銀行や証券会社の窓口で投資家に対して、金融商品の説明などをする代わりに、販売手数料を徴収する仕組みでした。

 

しかし、ネット証券やネット銀行の普及と共に、コストのかかる窓口業務を廃止することにより、すべてインターネットを通じて投資信託を販売する事が可能になりました。
そのことにより、販売手数料無料の投資信託=ノーロード投資信託が増加してきたのです。

 

■投資信託は手数料の安いモノを選ぶ

投信を選び時にやはり一番は手数料や信託報酬が安いモノを選ぶことが良いとされています。
投信の手数料は2%~3%が主流です。

 

仮に、販売手数料が例えば2.0%(税抜)かかるファンドに投資する場合、100万円投資すると2万円を銀行や証券会社に持っていかれてしまいます。

 

それでは、実質的に投資できる金額は98万円に目減りします。
その分、将来のリターンが確実に減る事になります。
運用資産の2万円はとても大きいモノです。

 

○ノーロード投信のおすすめはとにかく手数料の安いモノを選ぶこと

毎月の決まった金額を積み立てる投信もノーロード投信を選ぶことにメリットがあります。
普通の投資信託、積立購入の場合でも毎月2%~3%の手数料を取られる事になります。
銀行や証券会社の窓口で勧められる投資信託は、ほぼ間違いなく手数料の高いものです。

 

ですから、ファンド選びも自分で行うことが大切です。
投資の基本は人任せにしないことです。

銀行ではなく投資信託もネット証券を活用することに注意してください。

 ■投資信託のメリットやデメリットとは

投資信託のメリットとは

◇資産を分散して投資することができる

投資信託(ファンド)は色々な種類があり、パッケージされて運用されています。
インデックスと国内株式や外国株式を組み込んだモノもあります。
保有する資金を分散して運用することができます。

 

投信を買うことでリスクヘッジにもぬくぬく繋がります。
その意味からすると、投資信託は資産の分散運用には最適です。

 

◇運用をプロに任せることで自己負担が減る

投資のプロが選ぶ金融商品を選ぶことにより、自己負担が減ります。
投資信託の活用は、株式の知識に乏しくて普段の仕事が忙しくて、とても毎日株のチェックなどできないと言う人でも運用が可能です。

 

長期的な資産運用ならば、マーケットを気にしないでリスクも少なく資産運用が可能です。

 

◇知識や情報量の少ない外国株や不動産の運用もできる

不動産や海外の株式や新興国の株式にも知識がなくても投資ができることもメリットのひとつです。

 

国内のマーケットが活発でないときでも、同じ先進国のアメリカやドイツが値上がりすることもあります。

 

また、新興国の中国やインド、ブラジルなどの株の値動き大きくこれからも期待があります。

 

個別の銘柄を選んで買うよりもリスクが少なく、世界に投資をすることがファンドを通して可能です。

 

◇少ない金額投資を行えること積み立て投資も可能

現物株式投資では、大型株を購入する場合ミニ株でも10万円位かかります。
それに対して投信であれば、わずか100円から投資が可能です。

 

しかも、設定しておけば投信の自動積み立てをする事が出来ます。
自動積み立ては『ドルコスト平均法』と言って、株式投資をする基本的な投資方法です。
自分の感情をはさまずに機械的に効率的な投資が行えます。

 

安いときには大きく、高いときには少なめに金融商品を買うことができます。
投資信託のリターンは平均で2%~7%位あります。

 

長期的な投資には積み立て投資がおすすめです。
積み立てNISAを活用することで非課税のメリットもあります。

 

 ■投資信託のデメリットとは

もちろん、投資なので資産が減るリスクもあります。
当然、元本保証の商品でないため、購入した価格よりも値下がりして、元本割れ(損失)をこうむる可能性もあります。

 

ファンドを組み込む時に偏ったポートフォリオの商品に集中投資してしまった場合には、大きな損失をこうむる可能性があります。

 

○現物の取引に比べて投信は手数料が割高

資産運用をプロ(ファンドマネージャー)に委託するのですから、当然、彼らに支払う手数料が発生します。

 

投資信託を購入する際にも手数料が発生します。
また、信託報酬が発生します。
そこで、手数料がゼロのノーロード投信をおすすめするわけです。

○投資信託を購入する場合には、コストに徹底的にシビアになる必要がある

高コストの投資信託は、あなたのリターンを確実に削るデメリットがあります。
そこで、購入手数料はゼロのノーロード投資信託を選ぶこと、そして、信託報酬も高くても1%未満とする商品をおすすめします。

 

国内の投信の手数料の平均は約2%~3%です。
また、最近人気の新興国に投資する投資信託の場合は3%以上の手数料を取られる事も珍しくありません。

 

資産が複利効果によってどんどん膨らんでゆく事を想定した場合、
毎月一定額を長期的に着実に積み立ててゆく事が投資信託投資の最善の選択です。
長期的な投資だからこそ、手数料のかからないノーロード投信がおすすめです。

 

■ノーロード投資おすすめはインデックスファンドに投資をするべき

投資信託の種類は以下の通りです。

  • バランス型
  • 国内株式型
  • 先進国株式型
  • 新興国株式型
  • 国内債券型
  • 先進国債券型
  • 新興国債券型
  • 国内リート型
  • 海外リート型

オススメは、アメリカのS&P500に連動するインデックスファンドを資産運用の軸にしてポートフォリオを組むやり方です。

 

また、世界のマーケットに投資をするファンドや
インデックスファンドと国内株式を組み入れたものなど様々なノーロード投資が販売されています。

 

バランス型のファンド1本のみを選んでも良し、資産クラス別に厳選したファンドを選んで自分だけのオリジナル資産配分を作っても良し、バランスファンドを中核にして好きな資産配分になるように資産クラス別のファンドを補完的に購入してもいいと思います。

 

■最後に

投資信託は資産がある人の運用方法ではありません。
積み立てNISAやiDeCo を活用することにより、長期的な資産運用としてインデックスファンドに投資をすることノーロード投信はおすすめです。

 

月々決まった金額を投資し続ける長期的な積み立て投信は10年後、20年後を考えるととても良い投資方法だと言えます。

 

投資の入り口には長期的なノーロード投資はオススメです。

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント