投資

積立NISAは、投資初心者にはオススメなのか?

積立NISAとは、2018年からはじまった新しい少額投資非課税制度です。
NISAと同様に、毎年の非課税投資枠から得た利益・分配金にかかる税金はゼロとなります。

NISAとは違い、非課税投資枠が年間40万円です。しかし、投資期間が最長20年という点がNISAとは異なります。
通常のNISA以上に少額から毎月コツコツ、長期での資産運用を目指す人には、最適な制度と言えます。

○積立NISAは対象のファンドに毎月積立していく制度、金融商品になります。

■積立NISAとNISA比較

〇積立NISA

△対象者:日本存在で20才以上
△取引主体:口座名義本人
△非課税投資枠:年間40万円
△非課税期間:最長20年
△口座開設期間:2037年まで
△対象商品:※一定の要件を満たした投資信託
△ロールオーバー:不可
△払い出し制限:なし
△金融機関変更:可能

〇NISA

△対象者:存在で20才以上
△取引主体:口座名義本人
△非課税投資枠:年間120万円
△非課税期間:最長5年
△口座開設期間:2023年まで
△対象商品:上場株式、ETF 、株式投資信託
△ロールオーバー:可能
△払い出し制限:なし
△金融機関変更:可能

〇ジュニアNISA

△対象者:存在で0才~19才
△取引主体:原則親権者
△非課税投資枠:年間80万円
△非課税期間:最長5年
△口座開設期間:2023年まで
△対象商品:上場株式、ETF 、株式投資信託
△ロールオーバー:可能
△払い出し制限:18才まで不可*
△金融機関変更:不可

※災害時を除き、途中で払い出し(出金等)をした場合、生じた利益に対して遡及して課税されます。(過去にさかのぼり)

積立NISAは、年間積立上限が40万円に、非課税保有期間が20年間で最大800万円までを非課税で運用することができます。

 

長期・積立・分散投資に適した一定の投資信託が対象になります。

信託期間が短いもの、毎月分配金が支払われるもの、
投資の初心者にわかりにくい複雑な金融商品、手数料が高いものなどは積立NISAの対象外になります。

○NISAとは併用できないのでどちらかを選択する必要があります。

 ■積立NISAのメリット

年間40万円の範囲内で投資信託を積み立てていくと、最長20年にわたって、受け取ることができるということとてもシンプルでわかりやすい仕組みになっています。

長期的な投資がとてもしやすく、収入の一部を自答的に貯蔵や投資に振り分ける仕組みが作れるメリットがあります。

積立NISAの対象のインデックス投資信託の手数料が低く、投資信託はすべて購入時の手数料が無料です。
そして、そのつみたて投資での運用益が非課税になることです。

 ■積立NISAの対象商品

つみたてNISA(積立NISA:積立型の少額投資非課税制度)で取り扱われる対象商品は現在162本あります。
(2019年3月8日時点)

 

https://www.fsa.go.jp/policy/nisa2/about/tsumitate/target/index.html

「つみたてNISA」の対象となる商品は、金融庁が定めた一定の条件を満たす「投資信託」と「ETF」のみです。

 

2019年3月8日時点では、「インデックス型投資信託」が142本、「アクティブ型投資信託」17本、「ETF(上場株式投資信託)」3本が、対象商品に選ばれています。

積立NISAの指定インデックスとは、つみたてNISA制度で投資可能として規定されたインデックスを指します。
もちろん、単品でも投資可能です。

すべての証券会社で積立NISAの対象の投資信託ができるわけではないので口座を開設するときには注意が必要です。

■積立NISAデメリット

デメリットとしては、年間投資額上限が小さく、短期で大きく積み立てられないということがあります。
また、投資商品の切り替えが難しいということが挙げられます。

ファンドA からファンドBに乗り換えるスイッチングがつみたてNISAでは出来ません。
積立額の枠内で、新たに買い付けるファンドとして、その積立商品を切り替えることはできますが、既に積み立てたファンドを別のファンドに切り替えることは原則出来ません。

また、※NISA同様に損益通算できません。
株式の特定口座や一般口座での利益と損益を損益通算することができないということです。

■積立NISAおすすめ証券会社

積立NISAは、金融機関により大きな違いがあります。
投資対象商品のうち、どの商品を取り扱うのか、金融機関により差があります。

投資信託ファンドの最低購入単位はいくらなのか、積み立ての頻度は毎月かそれ以外の選択肢もあるのかといったことを調べる必要があります。
また、証券会社によってはつみたてNISAの金融商品を扱わない会社もあります。

 

ネット証券の大手SBI 証券や楽天証券はつみたてNISAの商品が100以上ありおすすめです。

アクティブに株式投資を行いたい人はNISA口座を活用し、コツコツ長期的な運用を行いたい人は積立NISAを活用してみてはどうでしょうか?

月収30万円以上を稼ぐ特典をLINE@追加でプレゼント