投資

FXで勝ちたいトレーダーは雇用統計をポイントにするべき!その理由とは?

どうも、投資家の熊谷拓也です。

FXで利益をあげるにはテクニカル分析とファンダメンタルズ分析が重要です。

FXはテクニカル分析がすべてという人もいますが、FX初心者がチャート分析を手法に取り入れて短期的なトレードをするのはとても難しいことだと思います。

 

そこで大きな局面でも初心者が利益を出しやすい経済指標、雇用統計のポイントを紹介します。
ファンダメンタルズ分析のチャンスアメリカの雇用統計を見逃すな!!

【どうして雇用統計が重要なのか?】

 

○世界中のトレーダーが注目する経済指標!!

経済大国アメリカ、その経済情勢は世界の国内総生産の約20%を占めています。
為替のマーケットの中心もドルとそれ以外の通貨と呼ばれように全世界の基軸通貨は米ドルです。

 

アメリカの景気が良くなるかどうか、雇用統計の結果が米国の金融政策に影響します。
つまりアメリカの経済の失業や雇用が世界経済に多大な影響を与えるのです。

【利上げでドルが買われ利下げでドルが売られる】

雇用統計の数字が良いと利上げが行われ金利が高くなることからドルが買われ、上昇する要因につながります。
逆に利下げが行われるとドルが売られてより金利の高い通貨に資金が向かいます。

 

※マーケットは教科書通りにはいかず時に変わった値動きになることもあります。
しかしアメリカの経済指標が高い時には、買いにつながる判断基準になるということです。

 

【雇用統計とは?】

アメリカの中央銀行FRPが金融政策の策定をする際に判断材料にしている2つの重要な経済指標があります。

 

それは、物価と雇用です。
中でも、アメリカの雇用について毎月発表される雇用統計は、金融政策に非常に大きな影響力を持ちます。

※雇用統計とは

その国の雇用情勢を調べたモノです。トレードにおいてとても重要な経済指標のひとつです。難しいファンダメンタルズ分析においても必ず初心者でも注目する必要があります。

 

中でもアメリカの雇用統計は最も注目度が高く、世界中のトレーダーが息を飲んで見守っています。

そのためアメリカの雇用統計が発表された後は売買が増え、マーケットが活発に動き出します。

 

「雇用統計とは以下の通り」

※発表時期は、毎月第一金曜日です。

発表時間は、日本時間で4月から10月は21:30。

11月から3月は日本時間で22:30発表になります。

しかしこの雇用統計すべて見る必要はありません。重要なのは2つです。

 

FX初心者でも特にこちらを気をつけてください。

【初心者は2つだけ見れば良い】

①失業率
②非農業部門雇用者数だけは必ず確認して下さい。

 

細かく説明しましたが、雇用統計は、失業率と非農業部門雇用者数この2つで判断して欲しい。

 

○非農業部門雇用者数とは?

※農業、自営業以外の分野で給料をもらっている人がどれだけいるかという数字です。
この雇用者数が前月よりどれだけ増えたか、というのが注目されます。

 

雇用統計の発表は、毎月第1金曜日です。しかし、その日に本当に発表があるかどうか、念のため確認しましょう。

なぜなら、第1週ではなく、イレギュラーに第2週になることもあるからです。

 

発表される時間が決まっていますが必ず証券会社のサイトやヤフーファイナンスなどのアプリで時間や日時をチェックして下さい。

証券会社のカレンダーで日時を確認してそしてアナリストや証券会社の非農業部門雇用者数と失業率の※予想をチェックすること。

【雇用統計時のトレードのポイント】

発表の時間が決まっていることでトレードのエントリータイミングがはかれます。

※スプレッドも広がり、注目される時なので一瞬で※50pipsから100pipsなど、レートが一気に飛ぶことがあります。1円以上上がることもあります。まさにここがトレードの醍醐です。

ルールとして月に一回乖離があるときにしかトレードしないトレーダーもいる位です。

【アナリスト予想と乖離した時に大きく動く】

非農業部門就業者数と失業率を証券会社のサイトやファイナンスのアプリで探してください。
遡って見る事もできます。チェックして欲しい。。
注目すべきところは、予想です。

 

マーケットが動くのは事前の予想と結果に差がある時です。
ここは一度過去のチャートや始値、高値、終値をチェックして欲しい。

【エントリーのタイミングは発表後に】

前後にトレードする人もいますが指標を予測してトレードすることは絶対にしないで下さい。
それよりも、指標が発表された後の値動きを見てから判断してからトレードしたほうが期待値が高くなります。

 

上昇か下落か、それともレンジ相場なのかを見極めて、トレンドを見てから判断しましょう。
また、よく売りと買いの両方に注文を出して利ざやをとる手法もありますが初心者はやってはいけません。あくまでも基本は買いです。

 

そして、売りか買いかの一択で逆指し値を必ず入れることです。

20〜50pips離して設定するのが妥当だと考えます。

初心者が絶対やってはいけないことは大きなロット数で取引すること、いけると判断して成行注文を入れることこの2つはしないで下さい
小さな利益を確実に繰り返すことがFX上達の近道です。

 

【まとめ】

経済大国アメリカは世界の為替をリードしています。そして、ドルは基軸通貨になっています。
ですからアメリカの雇用統計が世界経済に大きく影響されます。
発表後にマーケットが大きく動く可能性がある。

 

その部分がチャンスでもあるわけです。
アメリカの経済指標を参考にエントリーすることでファンダメンタルズ分析の基礎を学べチャートのみ方も変わってきます。

 

最後に小さなリスクを積み重ねること必ず逆指し値を入れておくことそして無理な投資はしないことです。